24時間対応のサポートがある住友信託銀行

24時間対応のサポートがある住友信託銀行

24時間対応のサポートがある住友信託銀行

住友信託銀行は、名前から想像できるように住友グループの信託銀行です。では、信託銀行と普通の銀行では、どこが違うのでしょうか?預金や貸出・為替といった通常の業務は他の銀行とほぼ同じですが、普通の銀行と違う点は、お客さまさまの財産(金銭・有価証券・不動産など)をお預かりして運用・管理する“信託業務”ができるところなのです。

住友信託銀行では、お客さまの大切な財産を運用・管理するということで、各店舗に経験豊富な財務コンサルタントを配置し、充実したコンサルティングを提供しています。

では、ネットバンキングで利用できるサービスには、普通の銀行との違いがあるのでしょうか?住友信託銀行のネットバンクの場合、振込手数料が安くなったりといった特典や通常のサービスは他の銀行とほとんど変わりません。手数料については、口座維持手数料は無料になります。

振込手数料は同行あての手数料が無料ですが、他行・郵貯あては振込額が3万円未満なら210円、3万円以上なら420円になります。インターネット取引がメインとなる無通帳口座では、同行はもちろん他行あての振り込みについても月5回まで無料となるのです。

さらに、住友信託銀行のネットバンキングの最大の特徴は、「外貨預金」という定期預金になります。外貨預金とは、5種類の外国通貨と1カ月〜5年までの7種類の預入期間から、運用スタンスに合った組み合わせが選べる外貨定期預金です。ほかにも、外貨普通預金の為替手数料は、1米ドルあたり片道20銭(2007年9月3日現在)とかなりお得になっています。

セキュリティについても、128bitSSL暗号化や10桁確認番号を組み合わせることで、何重にも確認を取るなど万全な対策をしています。信託取引を利用するお客さまの年代層は、ネットバンキングを頻繁に利用する人たちよりも、若干高くなっています。

そこで、専門のオペレーターを配置し、電話によるサポートも行っているのです。さらに、各資産に関する運用などの相談も24時間対応ですので、時間を気にすることなくいつでも自分に合った運用方法を見つけることができそうですね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional