自分で出来るセキュリティ管理

自分で出来るセキュリティ管理

自分で出来るセキュリティ管理

ネットバンキング(ネットバンク)を利用する際に気になるのがセキュリティ面ですよね。最近の犯罪は、ますます複雑化しています。インターネットに詳しい人でも被害に合うこともあります。

まして、インターネットやパソコンのことはほとんどわからないという人にとっては不安は尚更ですよね。だからこそ、どの金融機関でもセキュリティ面の強化には頭を悩ませ、以下のような対策に力を入れているのです。

  • 128bitSSLの暗号化通信方式を採用
  • ファイヤーウォールによる銀行サーバーの防御
  • 複数の確認コードによる本人確認
  • セキュリティボードによる暗証番号・パスワード入力
  • 各種取引通知メールの提供 など

では、自分でもセキュリティ対策ができるとしたらどうでしょうか?もちろん、ネットの通信面への対策は銀行側に任せるしかありません。万一、セキュリティの穴で損失が発生した場合には、口座開設時に自動で保険に加入することで銀行側が保証するケースもあります。

しかし、自分の口座を守るために一番大切なことは、IDやパスワードの管理を慎重に行うことなのです。よくパスワードを自分の誕生日や電話番号にしている人もいますが、これらは第三者に予想されやすいので非常に危険です。また、メモなど記録として残している人もいますが、これも同じく危険です。

  • 予想されにくいパスワードにする
  • メモなどを残さない
  • パスワードを定期的に変更する

などの対策がまだの人は、すぐに行うだけの価値があります。また、パソコンのセキュリティも重要になります。いくら銀行側が気をつけても、自分が普段使っているパソコンのウイルス対策ソフトが機能していなければ無意味といえます。ウイルス対策ソフトは常に更新しておくように心がけましょう。

ほかにも、怪しいメールは絶対に開かないことやリンクが貼ってあっても安易に飛ばないなど、自分でできるセキュリティ管理があります。さらに、無料ソフトが出回っていますが、ソフトのダウンロードやインストールをする際にも、内容をよく確認してからにしましょう。このようなちょっとした手間で、安心してネットバンキングが利用できますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional