法人向けのファームバンキングとは?

法人向けのファームバンキングとは?

法人向けのファームバンキングとは?

「ファームバンキング」という言葉をご存知ですか?金融機関のコンピュータと口座を持っているお客さまの電話やファクシミリ、パソコンやFB端末機(FB専用端末、多機能電話)を結び、入出金や残高の照会、複数銀行への総合振込や給与振込、個人住民税納付、外国為替送金などの機能を提供する法人向けサービスをファームバンキングといいます。

インターネットが普及される前から取り入れられていましたが、インターネットの普及により、パソコン通信のような手軽さで利用できるネットバンキングへの乗り換えが進んできました。個人向けと同じく、法人向けのネットバンキングも直接金融機関に出向くことなく日々の業務ができますので、事務のわずらわしさが大幅に減ります。

従業員の多い企業では、給与の支払いのための振込事務も大量なはずです。また、緊急を要する振込事務も、窓口に出向くことなくパソコンで簡単に済ませることができるのです。

ネットバンキング(ネットバンク)は、セキュリティの面でもファームバンキングに比べて不安がありました。しかし、法人の場合、カードロックサービスや生体認証ICキャッシュカードの導入など、通常のセキュリティ管理に加えて、電子認証システムや利用者毎の権限設定などのシステムを導入し、より安全により安心して使えるような対策が取られています。

ただし、この電子認証については、各銀行によって認証方法が異なる場合が多いので、いくつもの銀行と取引を行う企業側としては、費用や手間などの面での負担も発生しているようです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional