日本で一番店舗(局)数の多い郵便局

日本で一番店舗(局)数の多い郵便局

日本で一番店舗(局)数の多い郵便局

郵政民営化に伴い日本郵政グループの郵便局やゆうちょ銀行などでも、インターネット・バンキングの利用ができます。サービスの内容は、現在高や取引内容などの照会、Pay−easy(ペイジー)による税金や各種料金などの支払い、公共料金などの自動払い込みの手続きのほかにも、電信振替による送金や決済、WEB連動振替決済などのサービスが利用できます。

「電信振替」は口座から口座への電信によるのことで、自分の郵便貯金口座から総合口座(ぱるる)や振替口座へ送金することができます。「WEB連動振替決済」というと耳慣れない言葉ですが、これはインターネットの提携先サイトで購入した商品や利用したサービスなどの代金を、自分の口座から振替によって支払うシステムのことです。

総合口座の場合、送金内容を受取人へ郵便で通知するサービスもあります。その際に通知手数料が100円かかりますが、郵便振替口座への送金ならば、受入明細送付の選択や通信文の有無に関わらず、無料で受取人へ送金内容を通知してくれるのです。

さらに、総合口座または郵便振替口座から受取人の自宅へ現金を送る「居宅送金」というサービスもあります。ネットバンキングのメリットには、時間の節約以外にもお金の面でも節約できることはご存知ですよね?各種手数料が安くなり、かなりお得なのです。ただし、郵便貯金口座から他行への振り込みができないため、その範囲には限りがあります。

しかし、利用の仕方によっては他行にはないメリットもあるのです。そのひとつに、時間外手数料があります。ATMの稼働時間内であれば、営業時間外でも時間外手数料がかかりません。

多くの金融機関と提携しているため、郵便局・ゆうちょ銀行以外の金融機関との相互利用も可能です。都市に住んでいると銀行を利用する人が圧倒的に数を占めていますが、地方では郵便局が主な金融機関になっていることも多いのです。目的や利用時間などを考えて上手に利用したいものですよね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional