ネットバンキングに潜む危険性

ネットバンキングに潜む危険性

ネットバンキングに潜む危険性

ネットバンキング(ネットバンク)を利用しない人の中には、セキュリティ面で不安があるという声を多く聞きます。しかし、最近のネットバンクでは、セキュリティ面の強化にさまざまな工夫と対策をしているところがほとんどなのです。

各銀行によって違いはありますが、利用者側でのセキュリティ対策として、セキュリティボードでの入力やメールによる取引の通知、10桁の契約者番号によるお客さまの特定、3つの暗証番号による厳重な本人認証システム、ログイン制限、128bitSSL暗号化通信の採用、ワンタイムパスワード、ファイヤーウォールの導入などがあります。

しかし、それでも危険は潜んでいます。「スパイウエア」という言葉を聞いたことはありますか?ネットやメールを介して、知らないうちに勝手にパソコンに侵入し、パソコンの情報や個人データを盗むスパイ活動を行うプログラムなのです。

また、フィッシングといって、実在する企業や金融機関の名前を使ったり、正規のメールやWebサイトを装って暗証番号やクレジットカード番号などを騙し取る詐欺方法なども有名です。

ネットバンキングの強みは、どこからでもパソコンがあれば利用できることですが、不特定多数の人が利用するネットカフェなどからの利用は、現代ではかなりの危険行為といえます。スパイウエアが仕組まれていたり、ウイルスに感染している可能性もあります。

インターネットには危険がつきまといます。普段から怪しいメールやファイルをクリックしないなどのスパイウエア対策をしたり、パスワードなどを定期的に変更したりなど十分な注意が必要になります。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional