ネットバンキングと実店舗型銀行の違いとは?

ネットバンキングと実店舗型銀行の違いとは?

ネットバンキングと実店舗型銀行の違いとは?

ネットバンキング(ネットバンク)と実店舗型の銀行では、ネットバンキングを利用する際に、どのような違いがあるのでしょうか?今や急速に口座数を増やしているネットバンキングですが、一番の大きな特徴は実店舗がないことで経費を抑えることができますので、その分の利益をお客さまに還元できることです。

24時間決済はもちろん、振込手数料も安く預金金利が高いことに加え、今までの銀行にはないオリジナリティのあるサービスを提供しています。一方、実店舗型銀行のネットバンクの最大メリットは、すでに口座を持っている銀行ならば新たに口座を作る手間がないということでしょう。

また、残高によって会員優遇サービスなどを利用することもできるのです。どうせお金を預けているのですから、ネットバンキングを利用して、現金を引き出す際の手数料や振込手数料をお安くしない手はありませんよね。

時代の流れで、実店舗型の銀行でも、振込手数料やATM利用料の無料化への方向に進んでいます。金利に関しても、以前は普通預金の金利がネットバンキングと実店舗型の銀行では何十倍という差が出ていましたが、2006年頃から大手銀行を中心に金利が上昇し始め、現在ではそれほど大差はなくなりました。

それでも、ネットバンキングと実店舗型銀行、また同じネットバンキングの中でも銀行によりサービスは違っています。自分のライフスタイルに合った銀行を探して上手に利用しましょうね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional