ネットバンク(ネットバンキング)の評判と特徴

FrontPage

ネットバンキング(ネットバンク)の上手な利用法

口コミで人気のネットバンクのメリットやサービス、気になる振込手数料の比較、自分で出来るセキュリティ管理など、ネットバンクの比較と上手な利用法を紹介します。

ネットバンクとネットバンキングの違い

ネットバンク比較!口コミ倶楽部

インターネットを経由して、銀行などの金融機関のサービスを利用することを「ネットバンキング」といい、「オンラインバンキング」とも呼ばれています。最近では、これに似たものとして携帯電話からもサービスが利用できる「モバイルバンキング」も登場しました。

よく耳にする言葉に「ネットバンク」がありますが、ネットバンキングとネットバンクの違いをご存知ですか?よく混同されがちですが、ネットバンクはインターネット専業銀行ともいい、実店舗を持たずにすべての取引をインターネット上で行う銀行になります。一方、ネットバンキングはネット上で取引ができる銀行サービスのことで、個人向けはすべての都市銀行と地方銀行、第二地方銀行とほとんどの信用金庫が提供しているのです。

基本的となる残高や入出金の照会、口座振込・振替などのATMで対応しているサービスを利用できるほか、各銀行により異なったサービスも提供しています。ネットバンクを利用するには、「Webブラウザ」と呼ばれるインターネット閲覧端末を使用するものと、専用のソフトウエアを使用するもののどちらかが必要になります。

現在はWebブラウザが主流になっていますが、専用ソフトウエアを使った方がセキュリティの面では安全性が高くなるのです。ただし、ソフトウエアを新たに導入するのが負担だという声もよく耳にします。

では、ネットバンクのメリットは何でしょうか?1つには窓口やATMに行かなくても、パソコンがあればサービスを利用できることです。土日の休日や夜間・早朝など時間に関係なく使えることが、忙しい現代人のライフスタイルにぴったりマッチしていますよね。さらに、実店舗を利用するよりも手数料がかなり安くなるのも嬉しいメリットといえます。

このほかのサービスもさまざま利用できる点からも、メリットの多いネットバンクですが、フィッシング詐欺など不安を消すこともできません。また、万一に備え各ネットバンクが自動的に保険に加入していますが、補償額にばらつきがあり、金融庁も預金者保護の観点からも問題ありとして検討中だと言われています。口座を開設する際には、この辺のこともきちんとチェックした方が良さそうですよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional